自動車 買取店 デメリット

自動車買取店利用のデメリット

自動車を高く売るには買取店を利用するのが効率のよい方法ですが、メリットだけではなくデメリットももちろんあります。

 

自動車買取店はたくさんの業者がありますが、一部の業者によって悪質な行為が行われています。

 

トラブルが多いために業者選びがポイントになってきますが、トラブルに巻き込まれてからでは遅いため、
業者の見極めがポイントになってきます。

 

自動車の売却では下取りも利用できますが、買取店を利用した際のデメリットには手続きの問題があります。
売却のみの場合には特に不自由はしませんが、新車の購入を目的とした場合には手続きが面倒になってきます。

 

売却手続きと新車の購入手続きを別々に行う事になるため、手続きを完了するまでに時間がかかってしまいます。

 

新車購入時の頭金として利用する場合には、買取金額が振り込まれるまで手続きができませんので、
納車時期にまで影響を与えてしまいます。

 

自動車ローンの残債がある場合には、買い替えによって残債を精算する必要がありますが、
新車購入と同じように買取金が手に入るまでは精算できないのです。

 

新車の購入では、残債も下取りも一度の契約手続きで完了しますので、
手続きやお金の受け渡しが買取店を利用した際のデメリットなのです。

 

プリウス 売る 高く