買取査定 整備手帳

買取査定と整備手帳

中古車の買取査定をする方は、まず整備手帳が手元にあることを確認してください。

 

整備手帳は、車検証ではありません。
12ヶ月点検とか24ヶ月点検とかの際の記録が記入されてる、
分解整備記録簿とも言われるもので、車検を受ける際に確認する大事な書類であり、
車の健康診断書のようなものになります。

 

この整備手帳はとても大事なもので、整備手帳を見れば、
その車がこれまでどんな整備を受けてきたか、
どんな管理を受けているのかが、一目瞭然でわかるものです。

 

当然中古車の買取査定の場合でも、
たとえばメーターが交換されてないかとか、
リコールはなかったかとかが、整備手帳を見ればすぐわかりますので、
とても大事なものであるということが言えます。

 

仮に整備手帳が無いというようなことであれば、
車の査定価格にマイナスになるのは避けられません。

 

さらに整備手帳以外にも取扱説明書もあると、
さらに査定にはプラスになるでしょう。