自動車 買取 車両保険

車買取後の車両保険について

車を乗っている方は自賠責保険の他に、任意保険にも加入している方も多いと思います。
その保険内容で車両保険も含まれている方は、かなり多いでしょう。

 

乗っている時は必要な保険ですが、自動車を買取などで手離すときはどうしたらいいのでしょうか。
対応はその後に別の自動車に乗るのか、乗らないのかで異なってきます。

 

もし、また他の車に乗り換えるのであれば、保険会社に車種の変更を届ける必要があります。
車種で保険料が異なってくることもあります。

 

しかし、基本的には届け出で引き続きサービスが受けられます。

 

一方、しばらくは運転しない、この先自動車は使わない方なら、解約や中断をする必要があります。

 

解約は車両保険をやめてしまうことになります。
この場合保険の残金が戻ってきます。

 

しばらく乗らない場合には、中断証明書を発行してもらうことで、最高で10年前の保険の等級を引き継ぐことができます。
保険料が上がらなくて済むのです。どちらにしても買取時に、まだ保険がかかっていても問題はありません。

 

保険が付いているからと言って、買取ができないことはありません。
ただ、その後に手続きを忘れないようにすることが大切です。

 

また、念のために買い取り先に車両保険がまだ付いていることを告げておくと、よりスムーズで安心です。